山形市の歯科医院坂本デンタルオフィス 一般歯科、矯正、審美、インプラント、ホワイトニング
受付時間 9:00〜13:00/14:30〜18:30(最終受付:18:00)
※水・土曜日 9:00〜13:00/14:30〜18:00(最終受付:17:30)
◆坂本デンタルオフィスの新型コロナウイルス対策◆

◆ 坂本デンタルオフィスでは、患者の皆様に安心してご来院頂けるように、様々な新型コロナウイルス対策に取り組んでおります。◆

まずは、合言葉のようになっている「不要不急の…」ですが、医療において「不要な」治療・処置を行うことは通常ないと思います。ですので、大切なことは「不急な」治療か(=急を要する治療なのか)どうかを歯科医師が見定め、判断し、適切に対処することだと思います。これは日本歯科医師会の堀会長もメディアで話されたことなのですが、患者の皆様が自己判断で通院を控えてしまうことは歯の病気を重篤化させることにつながりかねないため、歯科医院へ行き歯科医師の診断を受けて頂きたいと思います。

安心して通院していただくため、職員を感染から守るために当医院ではこれまで通りの スタンダードプリコーションに基づく感染対策 に加え、様々な新型コロナ対策を行っております。

 

① 職員全員体調管理を徹底し、毎日の体温測定・体調確認を行っております。また、職員は交互に休み 最少人数で診療することで、万が一の事態でも診療が継続できるような体制をとっております。

②常時 院内の換気を行っております。少し寒い時もありますが、待合室・診療室の窓を部分的に開け、十分な換気を行っております。

③同じ時間のアポイントを制限し、少人数の診療を行っております。待合室にも複数の患者様が長くいることが無いようにしております。雑誌やキッズコーナーの絵本、おもちゃは接触感染防止のため一旦回収させていただいております。

④すべての患者様に来院時、次亜塩素酸水・エタノールでの手指消毒と体温測定、新型コロナ感染者スクリーニングの問診を行わせていただいております。また、待合室でのマスク着用を徹底していただいております。

⑤受付では双方の飛沫感染防止のため、ビニールカーテンを設置し、お金の受け渡しをトレーを介して行わせていただいております。

⑥次亜塩素酸水の噴霧器で空間除菌 → NITEの次亜塩素酸水に関わる中間報告、5/29時点でのファクトシートにおいて「次亜塩素酸水の噴霧による人体への安全性ウイルス除去についての確立された評価方法がない」との発表がありましたので、混乱を避けるため、最終報告が出るまで噴霧器の使用を控えることとしました。(情報は一見すると誤認しやすい内容となっていますが、ポイントは 誤って次亜塩素酸ナトリウムを噴霧することへの注意喚起のようです。)

⑦飛沫感染の抑制のため、診療前に「次亜塩素酸水うがい」で口腔内除菌をさせていただいております。

⑧診療中はマスクの他、アイガード、フェイスシールドを着用し、飛沫感染防止のため 口腔外バキュームを徹底しております。さらに5台、強力な口腔外バキューム(フリーアームアルテオ)を5月新規導入!

⑨さらに各ユニット(治療用イス)にから供給される治療用・うがい用の水 全てが除菌水となる「エピオス エコシステム」を新規導入します。設置はやや遅れており7月を予定しております。

この他にも、新型コロナウイルスやその他の感染予防に効果が期待できることは積極的に取り入れていきたいと考えております。

なお、急を要さない、治療延期によるリスクの低い治療に関しては、治療日を延期させていただくことがございますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。